長文メールは駄目!問いかけのテクニックを使おう

2014-06-10

出会アプリや恋人募集サイトで、意中の相手を見つけて親しくなろうとしたとしよう。
その場合は相手に嫌われないようなメッセージを送る必要がある。
意中の相手が見つかっても自分の思いの丈だけを語り尽くすメッセージでは相手にしてもらえない。
テキストオンリーのメッセージだとはいえ、感じの良いメッセージの書き方はある。
また嫌な感じのメッセージもあるのだ。
こういったインターネットの出会アプリの様なコミュニティサイトの場合は、メッセージだけが相手との唯一の繋がりなのだ。
一度一度のメッセージのやり取りがとても大切だ。
ファーストメッセージで自分のことを知って欲しいから長文に渡って自己紹介する人がいる。
自分の理想でな相手だから意気込むのは理解できる。
しかしいきなりの長文メッセージは印象が悪く迷惑になってしまう。
文章が長すぎるのはセカンドメッセージ以降も同じことだ。
出会アプリでは長文は敬遠されがちあることは覚えておき、読みやすいメッセージを書こう。
長々と書くならば、こわけしたほうが、相手とのメッセージの回数も稼げるわけだ。
メッセージのやり取りの回数が相手との距離を近くしてくれる。
そのためのテクニックは<相手に問いかける>ことだ。
自分の話たい話題があれば「僕はこう思うけど、君はどう?」なんてさり気なく感想を聞いてみよう。
そうしておけば相手は返事を書くので返事をしやすくなるのだ。

Copyright(c) 2010 出会アプリ人気ランキング【forohar】 All Rights Reserved.